お米の一年

久美浜観光園独自のブランド 京都・丹後コシヒカリ[豊饒」ができるまで

 3月

 冬に作った堆肥をまき土壌づくりをおこない、苗づくりの準備を始め
 
ます。種籾は、日本海からくみとった海水につけ良い種籾と悪い種籾
  の選別をします。

 4月

 良い種籾を発芽させてビニールハウスのなかで苗になるまで 成長
  させます。
田んぼを耕し、前にまいた堆肥と土とを混ぜると同時に土の
  中に空気(酸素)を
取り入れます。

 5月

 「上旬」 田んぼに水を引き、代かきをおこない田植えの準備をします。

 「中旬」 田植えが始まり、毎日が忙しくなります。

 6月〜8月

 田植えも終わり、たんぼに水を充分引き保温に気をつけます。 田んぼの草取 り、畦の草刈が毎日の日課です

 9月

 いよいよ稲刈りの始まりです。




 刈り取った稲を、乾燥・籾すり・調整します。
→ 京都・丹後コシヒカリ「豊饒」の完成です!!

(皆様に新米をお届けできる喜びで、一年の苦労 が報われるときです。)